トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員総覧 > 社会福祉学科 > 堀 智久

堀 智久

氏名、所属・職位など
氏名(ふりがな) 堀 智久(ほり ともひさ)
所属・職位 保健福祉学部社会福祉学科・准教授
最終学歴 筑波大学人文社会科学研究科博士課程修了
学位 博士(社会学)
免許・資格 社会福祉士(登録番号:第148732号)、専門社会調査士(登録番号:第001728号)
連絡先 TEL:01654-2-4194(内線1309)
FAX: 01654-3-3354
E-mail: thori@nayoro.ac.jpg(メールを送る際には.jpgを.jpに変更して下さい)
研究室所在地: 1号館3階1309「堀研究室」
研究キーワード、主な著書・論文など
専門分野 障害者福祉、社会学(障害学)
主な担当科目 障害者福祉論、相談援助演習、相談援助実習指導、相談援助実習、総合リハビリテーション論、総合演習、卒業研究
主な研究テーマ 1.障害をめぐる実証的研究
2.障害をめぐる政治哲学的研究
研究キーワード 障害学、障害者運動、歴史、インクルーシブ教育
主な著書・論文
(最近5年間)
1. 堀智久.「共生共育」の思想――子供問題研究会の1970年代.障害学研究.近刊 :13.
2. 堀智久.できるようになるための教育から、どの子も一緒に取り組める教育へ――八王子養護学校の1970/80年代.ソシオロゴス.2016:40:41-63.
3. 堀智久.『障害学のアイデンティティ――日本における障害者運動の歴史から』.生活書院.2014.
4. 堀智久.専門職であることの否定から専門性の限定的な肯定あるいは資格の重視へ――日本臨床心理学会の1970/80年代.社会学評論.2013:64(2) :257-274.
外部獲得資金
(最近5年間)
1. 平成28年度~29年度科学研究費補助金 ,若手研究(B)(文部科学省),戦後日本における「能力=平等」観と障害児教育に関する歴史社会学的研究,研究代表者
2. 平成28年2月~平成30年1月上廣倫理財団研究助成,「共生共育」の思想――日本の就学闘争の歴史から,研究代表者
3. 平成26年度損保ジャパン記念財団・社会福祉学術文献表彰事業奨励金,(受領対象:『障害学のアイデンティティ――日本における障害者運動の歴史から』生活書院、2014),研究代表者
4. 平成26年度学術図書出版推進プログラム(立命館大学),『障害学のアイデンティティ――日本における障害者運動の歴史から』,研究代表者
5. 平成24年度~26年度科学研究費補助金(特別研究員奨励費),英国における出生前診断の歴史と現在――出生前スクリーニングの導入と「当事者支援」,研究代表者
学会活動 1.日本社会学会正会員(2002年~現在)
2.日本社会福祉学会正会員(2004年~現在)
3.障害学会正会員(2004年~現在)
4.関東社会学会正会員(2004年~現在)
5.筑波社会学会正会員(2005年~現在)
6.福祉社会学会正会員(2007年~現在)
7.日本教育社会学会正会員(2014年~現在)
8.北海道社会福祉学会研究活動委員会研究活動委員(2016年~現在)
社会貢献 1.名寄市障害者自立支援協議会委員(平成27年度~現在)
2.社会福祉法人名寄みどりの郷評議員(平成27年度~現在)
受賞 なし
コメント
コメント 大学生生活を思い切り楽しんでくださいね。よろしくお願いします。
お知らせ