トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員総覧 > 教養教育部 > 荻野 大助

荻野 大助

氏名、所属・職位など
氏名(ふりがな) 荻野 大助(おぎの だいすけ)
所属・職位 保健福祉学部教養教育部・准教授
最終学歴 山形大学大学院理工学研究科地球共生圏科学専攻博士後期課程修了
University of Helsinki, Department of General Practice and Primary Health Care, MQI修了
学位 博士(理学)(山形大学),修士(MQI)(ヘルシンキ大学)
免許・資格 日本公衆衛生学会認定専門家
連絡先 TEL:01654-2-4194(内線1205)
FAX: 01654-3-3354
E-mail: dogino@nayoro.ac.jpg
(メールを送る際には.jpgを.jpに変更して下さい)
研究室所在地:1号館2階
研究キーワード、主な著書・論文など
専門分野 統計学,公衆衛生学
主な担当科目 栄養学科:公衆衛生学,公衆衛生学実習,統計学(選択)
看護学科:公衆衛生学,統計学
社会福祉学科:公衆衛生学,統計学(選択)
社会保育学科:公衆衛生学
教養教育・連携教育:基礎演習,地域との協働Ⅰ
主な研究テーマ 1. 学生の健康に関わる研究
2. 医療の質の向上に関わる研究

研究キーワード 医療保健統計,公衆衛生,医療の質,レジストリ制度
主な著書・論文
(最近5年間)
1. 荻野大助, 大見広規, メドウズ・マーチン. 大学初年次生の喫煙経験と意識についての調査. 日本禁煙学会雑誌 12(1): 22-29, 2017(和文).
2. S. Noguchi, D. Ogino, H. Sato. Patients' information needs of clinical trials with focus on Internet usage: Questionnaire survey in Japan. Health Policy and Technology. 5(1): 18-25, 2016.
3. S. Noguchi, D. Ogino, H. Sato. Information Channels and Needs of Health Professionals of Clinical Trials in Japan. Pharmaceutical Care & Health Systems. 2(5): 144, 2015.
4. D. Ogino, S. Noguchi, H. Sato. Distribution differences of medical and clinical research and clinical trial information by hospital size in Japan. Pharmaceutical Care & Health Systems. 1(4): 124, 2014.
5. D. Ogino, K. Takahashi, H. Sato. Characteristics of clinical trial websites: information distribution between ClinicalTrials.gov and 13 primary registries in the WHO registry network. Trials. 15: 428 (5 November 2014), 2014.
6. 荻野大助, 高橋邦彦, 佐藤元. 臨床研究・治験,医療情報提供や情報検索ウェブサイト運営に関わる日欧米の現状と課題. Clinical Research Professionals 43: 50-57, 2014(和文).
7. 荻野大助, 野口都美, 藤井仁, 佐藤元. 臨床研究・治験情報提供および情報検索ウェブサイトにおけるJIS規格への適合状況と課題. 臨床医薬 30(3): 249-255, 2014(和文).
8. 荻野大助, 野口都美, 佐藤元. 製薬企業(情報提供部門)における医療・臨床研究・治験の情報提供に関する現状と課題について. Clinical Research Professionals 39: 5-13, 2013(和文).
9. W. Song, Y. Tamaki, Y. Arakawa, D. Ogino, K. Aoki, M. Ohyama, D. He, T. Osawa, K. Ohsawa, Y. Kadoma, Y. Nomura, H. Arakawa. Correlation of Dental Health Behavior With Health Awareness and Subjective Symptoms in a Rural Population in Japan. Asia Pac J Public Health. 26(3): 275-284, 2014.

外部獲得資金
(最近5年間)
1.平成24-25年度 厚生労働科学研究費補助金
国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究(分担研究者)

学会活動 1.日本バイオインフォマティクス学会
2.日本公衆衛生学会
3.日本統計学会
4.日本衛生学会
5.北海道公衆衛生学会

社会貢献 <委員会など>
名寄市総合計画策定審議会委員(2015年12月~2016年7月,名寄)
<外部講演など>
名古屋市西部児童相談所 研修講師「RCAツール」(2015年1月,名古屋)
シンポジウム「鉄道遺産の保存と活用」コーディネーター(2015年6月,名寄)
受賞 第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞
コメント
コメント 教育や研究を通して地域へ貢献できればと考えております.
お知らせ