トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員総覧 > 社会福祉学科 > 松浦 智和

松浦 智和

氏名、所属・職位など
氏名(ふりがな) 松浦 智和(まつうら ともかず)
所属・職位 保健福祉学部社会福祉学科・講師
最終学歴 北海道医療大学大学院看護福祉学研究科臨床福祉・心理学専攻修士課程修了
学位 修士(臨床福祉学)
免許・資格 社会福祉士(第37722号)
精神保健福祉士(第12322号)

連絡先 TEL:01654-2-4194(内線1302)
FAX: 01654-3-3354
E-mail: matsuura@nayoro.ac.jpg
(メールを送る際には.jpgを.jpに変更して下さい)
研究室所在地:1号館3階 1302 

研究キーワード、主な著書・論文など
専門分野 精神保健福祉学、疫学・公衆衛生学
主な担当科目 精神保健福祉相談援助の基盤
主な研究テーマ 高齢期のメンタルヘルスとライフスタイル、統合失調症患者の退院・地域生活支援
研究キーワード ライフスタイル、自殺予防、統合失調症、エンパワメント、リカバリー
主な著書・論文

(最近5年間)
1.松浦智和:高齢精神障害者の地域生活支援の現状と課題,ソーシャルワーカーへのインタビュー調査の結果から.名寄市立大学紀要,2017年,第11号,87-95頁.
2.松浦智和:コミュニティ・メンタルヘルスに関する試論,北海道における「限界集落」の維持・再生に関する実証的研究の結果を含めて.コミュニティケア教育研究センター年報 ,第1号, 2017年,69-78頁.
3.松浦智和:統合失調症患者の子育てと家庭教育の課題,当事者ならびに支援者へのインタビュー調査の結果から.名寄市立大学社会福祉学科研究紀要,2017年,第6号,81-94頁.
4.永井順子,中村和彦,松浦智和:精神保健福祉士養成教育の検討,卒後5年以内の精神保健福祉士へのアンケート調査から.精神保健福祉学,2017年,第5号,38-51頁.
5.松浦智和:精神障害者の生活支援システム構築に関する試論.道北地域研究所年報,2016年,第34号,1-9頁.
6.松浦智和:精神保健福祉士養成教育のあり方を考える,統合失調症患者,高齢精神障害者の地域移行支援に関する考察を中心に.名寄市立大学社会福祉学科研究紀要,2016年,第5号,41-47頁.

外部獲得資金

(最近5年間)
1.2017~2019年度科学研究費補助金、基盤研究C(日本学術振興会)、「北海道における精神保健ソーシャルワークの歴史記録と教育コンテンツの構築」(研究分担者)
2.2016年度公益財団法人前川財団家庭教育研究助成「統合失調症患者の子育て、家庭教育の課題に関する研究,子どもの生活状況を中心に」(研究代表者)
3.2015年度公益財団法人前川財団家庭教育研究助成「統合失調症患者の子育て、家庭教育の課題に関する研究」(研究代表者)
4.2013~2015年度科学研究費補助金、基盤研究B(日本学術振興会)、「北海道における『限界集落』の維持・再生に関する実証的研究」(研究分担者)

学会活動 日本公衆衛生学会、日本社会福祉学会、日本社会精神医学会、日本精神保健福祉学会
社会貢献 〈委員等〉
1.NPO法人まちの森理事・監事(2008年~現在)
2.北海道精神保健福祉士養成校協会運営委員(2011年~現在)

受賞 なし
コメント
コメント 「こころの健康を維持することで住み慣れた地域で可能な限り長く暮らす」「精神障害があっても住み慣れた地域であたりまえに暮らす」という2つの大きなテーマの具現化に向けて精神保健福祉士には何ができるでしょうか。これまで出会ってきた精神障害をもつ当事者の方々の顔を思い浮かべながら考え続けています。
お知らせ