トップ > 学部・学科 > 短期大学部 > 児童学科

児童学科

児童学科

子どもの未来を明るく照らす保育者を養成しています。

児童学科の学生

児童学科が求める学生像

 児童学科では、広く社会を見据えた「子育ての専門家」になることを強く志し、それを実現するために積極的な態度で自発的に勉学や課外活動に臨むことができる学生を求めています。

児童学科の教育目標

  1. 多様な子ども・ひとに関する理解を深めるとともに、自らの人間性と専門的能力を高める力を育む
  2. 社会的視野から保育を見据え、子どものより良き生活や発達支援に携わる基礎となるヒューマニズムを育む
  3. たくましくしなやかな心身とともに、地域社会に貢献できる主体性を育む

 

児童学科の定員・取得学位・取得可能資格

定員 1学年50名
取得学位 短期大学士(保育・幼児教育学)
取得可能な資格 保育士資格  本学で所定の単位を取得することにより、卒業時に
取得します。
幼稚園教諭二種免許状 本学で所定の単位を取得することにより、卒業時に
取得します。
社会福祉主事任用資格 本学で所定の単位を取得することにより、卒業時に
取得します。

保育士・幼稚園教諭

 保育士・幼稚園教諭、あわせて「保育者」という専門職は、子どもという「ひと」と向き合う仕事です。本学では、「保育者」として必要な知識や技術はもちろん、地域や野外の活動から得られるさまざまな体験を通じて、すべての「ひと」に対して真摯に向き合い、視野の広い、広く社会を見据えた「保育者」となるような教育を実現しています。また、昨今の社会の変化によって、家族のあり方も大きく変化しています。このような新たな社会に必要な能力をもった「保育者」となるために、常に変化に対応した教育を行います。